また炎上

2015年11月29日(日) 19:43

DSCN2482

 

DSCN2483

 

DSCN2485

思ったほど気温は下がらなかったですが

9時枠のスポーツ走行でフレッシュタイヤを投入しました!

気合十分で走ったんですが 最終コーナー手前で フロントガラスに液体が付着

最終コーナーでさらにひどくなり おまけにパワステが効かなくなり

とその時 ボンネットから 煙 その後 炎・・・。

みなさんの邪魔にならないよう 1コーナー左へ スローダウンさせました。

DSC_0930

またか~~ と思いつつも

被害が広がらないようにボンネットを開けたら 一緒に 炎 が付いていたんで

エンジンからではない と思いグローブで激しく消しました!

原因は、 パワステベルトが剥離してレベルゲージの

ストッパースプリングを破壊してレベルゲージをはじいて

そこからオイルが噴き出た模様

その後パワステベルトが完璧に切れて重ステになったみたい。

 

純正のレベルゲージ位置だとレベルゲージが抜けてエキマニにオイルがかかって

燃てしまうというトラブルが多い為の 対処方法ですが

まさかトラブルを 避けてたのが  裏目に出た結果となりました~~ 。

 

 

DSCN2540

ベルト 新しかったんですがね~~~

タイヤからの入力で パワステ系はトラブルが多いです。

 

しかし

 

 

準備万端の 喜一さん

なんと

予備のパワステベルトを持って来てたのです。

僕の5号機は ナプレックさんのパワステポンプ移動キット装着で

ベルトが純正でない為  無ければ終わり

本当に助かりました!!

 

オイルは漏れは、ひどくはなく ほとんど減っていなかったので

注ぎ足す必要もなく 良かった!

 

DSCN2484

フィールドシップさんの走行会は 14時から

頼もしい日産時代の後輩が来てくれてた事もあり

復旧作業と 芝生だらけのタイヤを削る作業を手伝ってくれて

無事、 走れる状態に戻りました。

 

DSCN2517

DSCN2518

DSCN2519

 

DSCN2520

DSCN2522

被害は、ボンネットのみ

 

 

修復作業も 無事終わり どうにか走れるようになりました!

ただ、しっかり治ってるかもわからなかったんで怖い!

チェック走行もなく 自分たちの5号機を信じて全開走行するのみ

 

フィールドシップさんとオートポリスさんに

特別に走行させて頂いたので

1周本番 頑張りました。

 

 

 

DSC_0911

 

1分50秒888

なにか よくわかりませんが 公式の箱車のレコードらしく

タイムの前に ” R ” が付くのは 特別の事らしいです。

それは、とても光栄な事で嬉しい事

 

ですが

 

やはり、 50秒を切れなかった事の方が残念で

ガッツポーズは お預けでした~~~。

(公式タイムなので車載アップせんでいいのが 〇)

 

 

今回、お世話になった

フィールドシップさんとオートポリスさん

手伝ってくれたスタッフ

応援にわざわざ来てくれた お客様

本当にありがとうございました。